今日から2年目

b0190671_21445134.jpg

去年の今日、病気の確定診断を受け生存率30%~50%と言われました。
あの時…希望よりも絶望の方が強くて来年の今日は無いかも知れないんだと考えると…まだ治療さえ始まってないのに…先生と学生の前でボロボロと泣いて涙が止まらなかったのを鮮明に覚えてます。

あれから1年。
あずきは今日から自己免疫介在性溶血性貧血との付き合いが2年目になります。
貧血の投薬はありませんが僧帽弁閉鎖不全症の投薬治療が始まったので2つの病気と上手に向き合って長生き出来るように共に頑張っていきたいと思います^^


***1月25日心臓からのホルモン量を調べる為に血液検査をしました。結果は正常範囲ではあるものの低めの数値だった事から先生判断で投薬続行となりました。もしかしたら心臓のポンプ機能が一時的に弱くなる可能性もあるからと(イメージとして不整脈らしいです)強心剤も追加したそうな感じでしたが先生と話合って現時点では経過観察です***
[PR]
by haco33 | 2011-02-02 22:11 | 自己免疫介在性溶血性貧血
<< 穏やかに 弁膜症の投薬治療開始しました。 >>