9月21日検査結果


b0190671_2133780.jpg

2週間ぶりの検査でした。前回のPCVは35.9%と約36%だったのですが今日の検査結果はほぼ横這いの36.6%でした。
先生曰く、『厳密にいうと貧血状態ですが体内の水分量でも数値に変化が出るし…この数値であれば問題ないです』との事で次回の検査は1ヶ月後です。
しかし、早々にも心臓の薬(弁膜症)を飲ませ始めなければならないような雰囲気です。

先生から嬉しい話を聞きました。
免疫介在性溶血性貧血の治療で脾臓摘出したのはこの大学病院では、あずきが初めてだったのですが、その経過データをもとに2例目の脾摘術を行った子が良い経過を辿ってると^^犬種や投薬などの詳細は聞きませんでしたが、その子の平均PCVは20%だったそうです。あずきの例が少しでも誰かの役に立ってくれた事、命が救われた事がとても嬉しいです^^
[PR]
by haco33 | 2010-09-21 21:34 | 自己免疫介在性溶血性貧血
<< 10月19日検査結果 9月7日検査結果 >>