6月

b0190671_2203556.jpg6月1日 面会。キャンキャンしていて元気。
    強制給餌のトラウマからか
    病院で出される缶詰食べない。
    夕方に入院時にしてた様に
    いつも食べさせてる餌と鶏のささ身を
    持って行った。
    摘出した脾臓は45グラムあり
    かなりの大きさに肥大してたと。
    脾臓は病理で検査中

6月2日 面会。食欲有り。昨日の餌は全部食べたらしい。
    元気で院内でキャンキャン吠えてるらしい。
    貧血検査だけは毎日やってるが今の所減ってないとの事

6月3日 退院。PCV減って31% 脾摘したからと言って直ぐに結果は出ないからと。
    まだ投薬せず様子を見ましょうと先生

b0190671_19565899.jpg

6月8日 PCV27% 再生像0.3% 病理検査の結果は写真の通り
    このまま読むとチンプンカンプンですが
    簡単に言うと脾臓で抗体が造られ
    脾臓で赤血球が壊されてると書かれてるらしいです。
    脾臓で幾らか血液も造ってるとも書いてるらしいです。       
    抜糸は来週   

6月15日 PCV27% 再生像1.0% 今週も投薬なしで良いとの事。
    自力で赤血球増やして40%まで上がれば投薬の心配はないらしい。

6月22日 PCV28% 体重2.4キロ 再生像1.2%
    積極的に血液を造り出してわけではないから投薬すすめられるが
    今直ぐに飲ませなきゃならない状態でないのら今週も投薬なしで
    いきたいと伝え先生了承。

6月29日 PCV4%増えて32%
    投薬なしで増えた赤血球に説明つかないと。通常、脾摘は補助的治療で
    投薬しなければPCVの上昇は望めないはずと。
    
[PR]
by haco33 | 2010-07-17 22:08 | 自己免疫介在性溶血性貧血
<< 7月 5月 >>